CuArt

錫、銀の薩摩彫金の酒器や茶筒や家紋等の通販。鹿児島県南九州市【木原製作所】

伝統マーク

有限会社 木原製作所

鹿児島県南九州市川辺町両添1491
TEL:0993-56-2111(代表)
FAX:0993-56-2113

鹿児島工場
鹿児島県鹿児島市七ッ島1丁目4番6号
TEL:099-261-3396(代表)
FAX:099-261-3395
URL:http://www.cuart.co.jp
Mail:info@cuart.co.jp

携帯ページ

HOME»  コンテンツ»  金属マメ知識

金属マメ知識

○金工の歴史
B.C.6000~5000年頃、治金(鉱石から金属を取り出す)の技術がペルシャの一部に発祥したと言われており、その頃オリエントやエジプトに銅器の文化が存在した事が知られております。
人類が最初に使用した金属は、銅・金・銀であったとされています。
○彫金って何?
いろいろな種類の鏨(たがね)を使用して、金属に文字や紋様を彫刻し、切削造形する方法を『彫金』といいます。
これには、紋様を高く彫り上げる高肉彫り(たかじしぼり)、紋様を線状で表す毛彫りや蹴り彫り(けりぼり)、絵画のように筆意を表現する片切り彫り等、各種の技法が在ります。
○貴金属ってなに?
資源として貴重であり、高価で化学的に安定性が高く、電気化学的には高い電位を持つものを『貴金属』と言います。
※貴金属8元素
金(Au) 銀(Ag) プラチナ(Pt) パラジウム(Pd) ロジウム(Rh) イリジウム(Ir) ルテニウム(Ru) オスミニウム(Os)
○銀はどうして温泉で黒くなるのか?
銀だけでなく、銅製品なども黒くなります。これは金属は硫化する為で、それぞれ硫化銀 硫化銅に変化します。
また、大気中にも硫化水素などが存在し、長時間置いていますと硫化し変色します。
しかしその変化も金属の特製、年輪と考えますと深く愉しいものです。金属の製品はオーナーの使い方メンテナンスによって風格が出てくるものかとおもいます。
○錫について
錫の歴史は古く、B.C.1500年頃に、エジプト王朝で使用されていたのが確認されております。現存するものでは、エジプト古代都市の遺跡より発掘された『巡礼者の錫』という酒器が最古とされております。
『本草網目』(1578年)という医学に関する文献を集大成した中国の古書に『井戸の底に錫板を沈めて水を浄化した』とあります。
錫の不純物を吸収し長時間の保温ができる特製から錫の酒器としての需要が高まり技術もともに進歩してきました。